忍者ブログ
ANGUK ゆこ の ニッキです。
68 67 66 65 64 63 62 61 60 59 58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近はいかがかな

最近はイメージフォーラムで
脳味噌が活性化されて、普段動かないとおもっている時期の頭で
いろんな映画をみてたのしくなっている。
何か同じ物を見て違う間奏を抱くことって
それを話すのはとてもたのしいね。

帰りがけにはいつもなんだか話があふれんばかりで
自分が受け取れない情報量は貯めずに(つまりちょっとまって)
して保留して起きたい気持ちでいっぱいだったんだけど
(不用意な事をいうのは心外な言葉を平気でいえてしまうから
後日修正は傷付けた代償にもならないし 癒すこともないとおもっているから)
でもきっとそれは人間生きている限り 償って慰めて謝ってって生きる術があるから
間違いなく斬りかからなきゃ行けない場面もあるだろうし
対立したり 相手の意見を汲み 知らんぷりしてりる事なんて常にできなくて
きっと明日も明後日も毎時間誰かとこうやって何かを交わして結果的に
何か起こって何かうまれ 
そうやって思想や なんかを補正して人間が出来ていくよね。

ただ単純に君の事が好きでこれ以上は無いと思うほどに
あなたが優しくて でも私はきっとその優しさをたまに気にもとめないで
いってしまう自分が嫌で
そういう自分も含めてとばし読みしてもらえるならそうやって
いけるじゃないか っていう卑怯な事だと
君と話して改めて思う。
君をすべて正しいとは思わない けど一言目で
違うなんて言える人間が大嫌いで。
デリカシーが無いと思って。

嫌いな人間が多すぎてその行動をしまいとするほどに
私にはしてはいけないことが増えていくんだと思う。

私は今消去法でさけていくことで美しいものになれるならいいじゃないかと
づるいのです。





こんな風に書くのだけれど
(表側の人に見える部分の思想の一枚目)私はこの考えの一枚目の
奥にもきっと思いを孕んでいるのにそれを含めて
文章にできないから君に心配ばかりかけているようなきがします。

あらためて
なんでこんなに好きなのかは きっと君が魅力的な部分は
私がまじまじと目で見据えているその顔だけじゃなくて
肩越しと頭のバランスであるけど 美しい背骨と背中の広さでもあるけど
ワックスをつけないそのふわりとした黒髪であるけど
なつっこい君の左手であるけど 訝しく怪訝な表情を一瞬見せるときの鋭さであるけど
君の昔も含めてあなたが逆算して進むような未来であるけど
そのちらりと覗かせる下の3本くらいの歯がかわいくちいさいことであるけど
いくらでもいってみれるけど

よくわかんないけど
きみがいなくなったらわたしはかなしい

とおもうと。うごけないようなきもちなってしまう。
悲観的な時期はだれにでもあるとおもう もし許してくれるなら許して欲しい。

自分では自分のことえを許してあげられないです。
どんなに「大丈夫」といえど「もうすぎたこと」といえど「ちがうのだから」といおうと

あなたの言葉がほしいはず
PR
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
HN:
タンゲユキ ANGUK
年齢:
31
性別:
非公開
誕生日:
1987/01/20
職業:
多摩美術大学 2年次
趣味:
接客業
自己紹介:
東京の絵描き アニメション作家 タンゲユキです。
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]